子供

中学英語授業のための小学生からの学習は必要ない話【親子で楽しむ】

・小学校から英語の勉強を家でさせないと中学に入ってからついていけないのでは?

・高額な教材とか効果あるのかな?

こういった悩みに答えます。

英語と無縁な人生でしたが、5年かけてコツコツ英語を勉強し、社内向けの翻訳記事作成を任せられるようになった私が、無駄に遠回りした反省も踏まえて説明します。

この記事を読めば、お子さんの英語学習はすべきかどうか、きっと分かると思います。

私はこんなツイートをしました。

同僚から、「小学生の子供に英語を始めさせたいけどどんな教材がいいですか」と質問を受けたのですが、その質問の意図は「中学までに何か英語に触れさせないと自分のように英語嫌いになってしまうのでは」ということでした。

答えから言ってしまえば、中学校の英語授業のために小学校のうちから勉強なんてさせなくても良いです。

親子で楽しめそうなら、小学校と言わず幼児の頃から始めてみてはいかがでしょうか。

詳しくは次章から説明していきます。

中学英語授業ための小学生からの学習は必要ない話【親子で楽しむ】

中学英語授業ための小学生からの学習は必要ない話【親子で楽しむ】

中学英語は初学者用に出来ているので事前準備は必要ない

今でこそ、小学生のうちから英語に触れる機会を作ろうと、小学校のカリキュラムに英語の授業が入ってきましたが、それでもなお中学英語は初学者向けの内容で変わりありません。

ですから、初学者向けの内容に対する事前対策なんてあまり意味がないと思いますが、もし心配ならアルファベットの書き方や簡単な単語の読み方くらいやっておいても良いかもしれません。

でも、それも中学になってからの復習で事足りることですが。

中学で英語が嫌になる子供に小学生のうちから英語をやらせようとしても、ただ早く始めただけでは英語嫌いになるのが早くなるだけです。

特に中学生の教科書や問題集をただ小学生の子供一人にやらせるなんてやり方はほぼ確実に英語嫌いになることでしょう。

英語がキツイ…そんな刷り込みを植え付けるだけになってしまいます。

小学生のうちから英語学習を始める理由

それではなぜ、英語学習を小さい頃から行うメリットについて世の中はこれほど言うのでしょうか。

よく言われる統計ですが、年収が高い人ほど英語ができる傾向があります。

なるほど~と思いますが、それでは英語ができれば年収がすぐ上がるのかというと、どうもそれも違うような気もしますね。

どちらにせよ、英語と将来の年収には相関があることに間違いはなく、子供の将来の幸せのために、親は子供に英語教育を施そうという気になるものです。

親の愛を子供は感じてくれているはずですが、やっぱりツライことはツライのです。

それでは、小学生の英語学習はマルなのかバツなのか。

答えはやり方次第です(ずるい言い方ですね汗)

この後、やり方についてご紹介しますのでしばらくお付き合いください。

重要なのは、子供に英語を叩き込むのではなく、英語という世界に親しみを持ってもらい好きになってもらうこと。

小学生から英語学習を始める理由はこれだけです。

小学生のうちから英語がペラペラ喋れるなんてことは期待しても無駄です。

英語で言葉を発することに対する抵抗感をなくすことが最も重要視すべきところです。

英語を好きになる原体験は親子のコミュニケーション

子供が英語が好きになるプロセスはいつも大体おなじです。

子供にとって英語そのものが楽しいわけではありません。

英語は子供にとって楽しい経験をするための手段です。

楽しい経験とは何か。

スクールの先生や友達と遊ぶこと、親子で英語あそびをしてコミュニケーションを取ることです。

特に子供にとっては、世の中で最も信頼できる存在である親とのコミュニケーションは大変重要なものです。

生きていくために必要なことですから、本能的に親とのコミュニケーションを求めていますし、コミュニケーションが成り立たない要因は乗り越えようとする力があります。

それが英語だったなら、子供の脳は英語を必要なものとして最優先事項にするでしょう。

子供が英語を好きになるための原体験の理想の相手は、親なのです。

ですから、中学英語の授業対策なんかよりも、是非英語で楽しく遊んだ経験をさせてあげて下さい。

子供一人で机に向かわせるのではなく、親子で一緒に英語を学んであげて下さい。

私には英語が出来ないって思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、子供は耳が良く、英語の発音も大人より比較的早く聞き分けることができるようになります。

子供と一緒に学んで、発音の良かったところを褒めてあげて、子供から教えてもらいましょう。

子供は誰かに教える経験が少なく、自分の方が出来ることは嬉しそうに教えてくれるはずです。

それだって立派な親子のコミュニケーションになります。

小さい時に楽しく英語で話した経験がない子供は、中学生になって英語を発音することを気恥ずかしく感じることが多いようです。

その気恥ずかしさが中学になってからの英語嫌いになる要因になりかねません。

親子で英語を発音することが普通になれば、中学生になってからもすんなりと授業で英語の世界観に入っていけることでしょう。

小さい頃の英語学習は、親子のコミュニケーションが鍵と言っても良いでしょう。

英語が苦手な親御さんも、是非チャレンジしてみて下さい。

子供も興味があり、親子で英語学習を楽しめそうならすぐに始めましょう

小学生からの英語学習について、少し否定的な意見を言ってしまいましたが、主張したいのは、「中学英語の授業のための学習ならやらなくてもいい」ということでした。

子供の頃の英語コミュニケーションで楽しい記憶があると、その後の英語学習がスムーズに進みます。

この記事を読んでいただいている読者の方なら、すでに子供の英語学習に興味があるはずですので、そのまますぐに始めていただいたほうが良いと思います。

小学生からとか、幼児からとかはあまり関係ないです。

子供が親とのコミュニケーションを求めている年代ならば、親子で英語学習を始めたら良いです。

もしお子さんが中学生以上なら、親子のコミュニケーションというよりも、社会的コミュニケーションにシフトしてくるお年頃です。

中学生以上の子の場合は、英語を話す友達や異性の友達の存在が大きなモチベーションになります。

親としては複雑ですが、家庭外での適切な英語交流環境を準備される方がよいかもしれませんね。

お子さんの興味が感じられ、親子で英語が楽しめそうだと思ったらすぐに始めてみましょう。

高額な教材だからといって子供が英語を好きになるかどうかは別問題

高額な教材だからといって子供が英語を好きになるかどうかは別問題

高額な教材を買っただけでは子供は英語を学ばない

我が家での失敗談なのですが、我が家でも昔、高額な教材を子供に買い与えました。

結果は全く英語が身に付きませんでした。

なぜ我が家では失敗したのでしょうか。

子供に教材を買い与えた時は、目新しさから教材に関心を持ちずっと触っていました。

しかし、親が全く教材を使ったサポートを行わなかったため、子供は教材の内容よりも、その教材の電子ペンやその仕組にばかり興味が行ってしまいました。

教材のガジェットから聞こえてくる英文はただの音でしかなく、教材に表記されている英文も一切頭に入っていなかったのです。

イラストを見て、知ってるか知らないかだけの絵本にしかなりませんでした。

高額な教材がただの玩具になってしまい、そのうち飽きて二度と触ることはありませんでした。

小学生のうちから始めるならやり方に注意が必要

ご紹介した我が家でのこの学習方法は、全く駄目な例です。

小学生に学習教材だけ与えたところで、まったく英語は身につきません。

親が教えるか、家庭教師を付けるほかに教材の使い道が無い気がします。

親が英語学習に参加しないなら、教材を買い与えても本当に無意味です。

今考えてみれば、同じ値段でオンライン英会話をやらせたほうがよっぽどマシでした。

教材を与えるだけでは、全く誰ともコミュニケーションが行われていないのです。

これからはもしかしてAIが子供とのコミュニケーションを実現させるようになるかもしれませんが、今は身近な人間がコミュニケーションの相手をする他ありません。

小学生のうちからコミュニケーションを行える英語学習は何かといえば、

・①親が英語でコミュニケーションをとる

・②スクールに通う

・③オンライン英会話レッスンを受ける

この3つでしょうか。

親が教える事ができれば、①が一番コストがかかりませんし、抜群のコミュニケーションが取れます。

②スクールに通う、お金が結構かかってしまいますが、英語ができない親御さんなら、一番安心できるかと思います。それでも、スクールでどんなことを勉強してきたのか、子供と英語を使って是非コミュニケーションしてあげてください。

家に帰ってから覚えた英語でコミュニケーションが取れれば、子供はスクールにまた行きたがるはずです。

③オンライン英会話、これはお金もリーズナブルで本格的な英語に触れる事ができる良い方法です。

ただし、お子さんが画面に映る世界しか見られないので、英語によるフルコミュニケーションは期待できません。

それでも利点は多いので、本来ならばサブで利用したいところです。

お子さんが興味さえ持ってくれれば、オンラインでも十分ですので、使ってみて考えるのもアリですね。無料レッスンもありますし。

小学生からの英語学習は果たして効果があるのか

小学生からの英語学習は果たして効果があるのか

多くの場合は効果は目に見えません

いきなり残念な話で申し訳ありません。

子供の頃に英語学習を行ったからといって、この先ずっと英語ができるというものではありません。

スクールに通っていた時は英語を使いこなしていたように見える子供が、スクールを辞めてしまった途端に英語が使えなくなったというのはよく聞く話です。

しかし厳密には、まったく英語が分からなくなったわけではありません。

普通の人よりも、英語を聞いて理解できるし、発音も聞き取れているはずですが、必要性を感じなくなった途端に日本語しか話さなくなるのです。

語学全てにおいて言えることですが、子供でも大人でも使わなければ錆びついてきます。

でも安心して下さい、子供の頃の記憶はずっと脳に残っています。

効果が見えにくいだけで、実は効果は後々効いてくるはずです。

日本にいて子供が英語に触れる時間は圧倒的に少ない

スクールやオンライン英会話を受けたところで、子供がペラペラに話せるようになるわけではありません。

週に一回や二回、1時間かそこらではいくら子供でも自分の言いたいことを自由に言えるほどの英語力を身に着けるには無理があります。

日本にいて、日本語しか話さない環境が普通の場合、語学を身につけるには圧倒的に時間が足りません。

では何のために通うのか。

子供の英語力の土台を作るためと思っていただいた方がいい気がします。

大人ではなかなか身につけられない発音やイントネーション、言葉の持つイメージ、そういったものを子供のうちから身につけることには意味があります。

そういった、学力とは別の土台があるのとないのとでは、この先の英語学習に対する壁の高さが変わってきます。

英語とイメージが結びつく訓練が行えていれば中学以降の語学の学力は伸びる

子供のうちから英語学習をして身につく土台の一つが、言葉の持つイメージです。

日本人の大人が、英文を見て理解するプロセスの多くが

英文→英単語に該当する日本語を当てはめる→文法の解釈→日本語訳→理解

ですが、ネイティブは

英文→言葉の持つイメージ→理解

という圧倒的に少ないプロセスで理解しています。

この言葉の持つイメージを子供の頃から身に付けられれば、この先の英語学習は非常にスムーズに行きます。

インプットが十分であれば、中学生で簡単な英文学なども読破するほどの理解力が得られることもあります。

子供のうちから英語学習を行うメリットは、実はこの辺りが一番大きいのではないのかと思っています。

いずれにしても、小学生からの英語学習は、この先の英語学習の土台を作るという面で、メリットが大きいと言えます。

まとめ

まとめ

「小学生から英語を勉強させるなんて」私の子供の頃は、こんなことを言う親がいたものです。

日本語ができないのに英語なんて無理に決まっている。

そんな事が普通に言われていた時代もありました。

しかしながら、英語の学習プロセスは、科学的な検証も進んでいる世の中です。

人間はコミュニケーションを取る生き物です。

だから子供はコミュニケーションがなかったら死んでしまうくらいコミュニケーションに飢えています。

コミュニケーションを取るために必要なのが、言語です。

だから子供は、スポンジのように言語を習得していきます。

母国語がちゃんとできなければ英語ができないなんてのは完全な嘘です。

それが必要なのは、翻訳者の世界です。

普通の人はコミュニケーションさえ取れればいいのですから、ビジネスの世界でも結構いい加減な言葉が使われたり、雰囲気で理解したりする事があります。

子供が言語を習得しやすいのはこうした本能があるからなのですが、全てはコミュニケーションが伴ってこそ、学習できるものです。

中学の授業について行くだけの英語学習は、する意味がないどころか、英語嫌いを促進するだけです。

英語を使って楽しかった思い出、幸せだった思い出をお子さんには与えてあげて欲しいと思います。

コミュニケーションの理想の相手は親です。

英語が話せなくても、子供の英語学習を一緒に応援してあげてください。

それが子供の自己肯定感に繋がり、英語好きに育っていってくれる秘訣です。

ABOUT ME
アバター
rascal
【HN】:rascal(ラスカル) 【出身】:名古屋圏 【職業】:会社員(事務系) 【趣味】:なし 【趣味にしたい事】:旅行・アウトドア・読書・ピアノ 【目標】:さえないおっさんから脱却して賢くカッコイイおじさんになりたい 【特技】:何も無し、ただ、2ヶ月で体重−10kgのダイエットに成功した経験あり←このブログでも方法をご紹介します!

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/rascal538/rascal-obenkyo.com/public_html/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/rascal538/rascal-obenkyo.com/public_html/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9